結婚式のエンドロール・プロフィールビデオ・花嫁の手紙・書き方まとめサイト

Read Article

【結婚式の見積】結婚式場で働いているのでちょっと裏事情を公開。No.3

結婚式の見積もり

私は結婚式場でプランナーとして働いていますので、ちょっとだけ見積もりに関する裏事情を。

正直、初めて式場で出された見積もりは、最低ランクの基本の値段が出されています。
「ドレスや花の値段もそれでやる人なんていないでしょ?」
ってゆう1番下の値段で書いてあることが多いです。

みなさん相場がわからないので、式場側も安くみせるんですよね。

だから申し込みした後で50万位の上乗せは当たり前のようになってます。

それを防ぐには、やりたい演出や、つけたいアルバムのことを
早い段階で伝えてぉいて見積書に入れてもらうことです。

それから、一つ一つの項目の相場を事前にチェックすることが大事です。
ドレスをざっと見て、だいたい着たいようなものの値段を見ておけば、あとから差額を出すこともありません。

あと、この見積書から値段が上がるとしたら何かってことをしつこいくらいに聞いておくといいと思いますよ。
式場の人って余計なことは言わないけど、絶対嘘は言えないんです。

式までの間に嘘ならばれちゃいますからね。

結婚式って本当ピンキリだから、やり方ひとつで50万でも100万でも安くしてくれるところもあるんです。

「当結婚式場で挙げていただけるなら、それでいいです」みたいな…

私の友達も3月に式挙げますが、350万だった見積を230万まで一緒に落としてもらいました!
内容はかわらないどころか、アルバムもさらにつけてもらってその差です!
後は、申し込みする日や月でもだいぶかわるんです!

見積書のせいで、気持ちよく式できなくなったら最悪なので、事前に色々調べて、一生に一回の素敵な日を迎えてもらいたいです。
結婚式は見てるだけで幸せわけてもらえますから。

幸せな日を迎えられるよう応援してます!